Top > 融資保証金詐欺

融資保証金詐欺

融資保証金詐欺というのをご存知でしょうか。別名「貸します詐欺」とも呼ばれています。融資保証金詐欺とは、多重債務に陥っている個人や資金繰りに苦しむ中小企業の経営者などを狙った、保証金名目の金銭を騙し取る詐欺犯罪です。言ってみれば振り込め詐欺のひとつです。例をあげると、相手は銀行等の金融機関を装ってダイレクトメールを送ってきます。封筒を開けてみると、「今回、特別優遇金利での融資枠が可能になりました。まずは、保証金として融資額の10%程度の金額をお振り込みください。」というようなことが記載されています。当然ですが、融資を受ける際に保証金が必要なことはありません。しかし、焦っている人は冷静さに欠ける状態にあるので、こんな作戦で騙し取られてしまいます。この偽のダイレクトメールは、非常に巧妙に作られていて、債務で苦しむ人達はつい信じてしまうのです。振り込め詐欺の類の中で、オレオレ詐欺や架空請求詐欺は様々な告知が功を奏して、その手口は広く知られるようになり、犯罪件数も減少しましたが、この融資保証金詐欺はまだあまり知られておらず、詐欺犯罪者がこちらにシフトしてきており、増加傾向にあります。こんなダイレクトメールが来たなら、まず金融機関先に確認してみましょう。くれぐれも騙されないようにご注意願います。
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
投資詐欺(2009年5月12日)
融資保証金詐欺(2009年5月12日)
売掛金の回収のトラブル(2009年5月12日)
個人間の貸し借り(2009年5月12日)